CSR

私たち九州日野の全社員はSDGsを常に意識し、自分事として考え・取組みを行う事で、自分の会社がどのような社会貢献ができるのか?しているのか?を再認識し、地域や家族に誇れる会社になります。

経営戦略マップ

AED(自動体外式除細動器)の設置

現在弊社では、来訪されるお客様と社員並びに事業所周辺および通行者など万一の事態に備えるよう、14拠点全てにAEDを設置しています。

昨年に続き、今年度は全国健康保険協会より「健康づくり優良事業所ゴールド」の認定を頂きました。
■健康づくり優良事業所ゴールドの認定は下記項目にて認定されます。

①「健康づくり優良事業所」の認定要件をすべて満たしていること

②「取組実績報告書」内の「ゴールド認定に関する評価項目」の回答結果

九州日野自動車は、経済産業省と日本健康会議(※)が共同で実施している「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)に認定されました。

九州日野自動車は、 「安全で働きやすい職場を実現する為には健康で活力あふれる社員が必要である」と考え方に基づき、新型コロナウィルス感染予防対策を行いながら、社員と家族の健康を第一に考え、健康経営をさまざまな形で取り組んでまいります

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です 。

(※)日本健康会議・・・少子高齢化が急速に展開する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体

九州日野自動車株式会社

代表取締役社長

柴垣 勇

九州日野自動車 健康経営宣言
~安全で働きやすい職場を目指します~

安全で働きやすい職場を実現する為には健康で活力あふれる社員が必要であると考えます。
社員と家族の健康を第一に考え、以下の取り組みを進めていきます。

 

健康管理の推進

◆生活習慣の改善を図り、体調不良予防の推進
◆家族との時間を増やし、自身の活力に繋げ健康維持を推進
◆社員とその家族が一体となった健康づくりを推進

社員一人一人が心身ともに健康でいきいきと働ける職場環境の実現に向けて
率先して行動します。
                     代表取締役社長  柴垣 勇

 

健康経営の取り組み

【目 的】
九州日野自動車の「健康宣言」に基づき、社員および家族の健康保持・増進と、健康で快適な
職場環境の形成を目的とする。

【体 制】
1.代表取締役社長を責任者とする健康経営組織体制を組織する。
2.健康増進に係る計画を立案し、安全衛生委員会と産業保健スタッフで連携して計画を実施する。
3.健康施策の計画推進進捗状況を管理し、定期的に経営会議等に報告する。

【健康経営方針】
1.定期検診を全社員が100%受診する。
2.定期健診後の治療・保健指導を推奨する。
3.我が社の健康プランを実行する。
 ①40歳以上の全社員は、付加健診まで100%受診する。
 ②半日有給休暇制度導入により、有給休暇取得を推進する。

【取り組み内容】
1.喫煙率を全国平均水準に引き下げる(22年度を目処)
2.女性の健康支援、女性特有の健康診断受診100%を目指す。
3.定期健康診断結果の産業医判定にもとづく保健指導100%実施を目指します。
4.メンタル不調者による休業者の職場復帰100%目指します。 
5.治療と就業の両立支援100%目指します。